セラミドは必要

石けん

いわゆる美肌を保つための成分としてはさまざまなものが知られていますが、中でも最近その重要性が注目されているのがセラミドです。 セラミドは細胞間脂質と呼ばれる物質の一種で、細胞と細胞のすき間を埋めるかたちで存在しています。お肌の角質層には角質細胞が何層にも重なっていますが、その細胞同士をしっかり接着するとともに、その下の層を保護する働きをしているのが細胞間脂質です。セラミドはその細胞間脂質のうちのおおよそ半分を占める主要成分となっています。 セラミドは基本的には体内で合成できる物質ですが、加齢や生活習慣の乱れ等によって減少してしまうことが分かっています。そうなるとさまざまな肌トラブルの原因となるため注意が必要です。

セラミド不足によるトラブルのうち最も代表的なものが、お肌の乾燥です。角質細胞同士を結び付ける力が弱まることでバリア機能が働かなくなり、水分を十分に保持できなくなってしまいます。また、それを防ごうとして美容液などを塗っても、お肌に浸透しないうちに蒸散してしまいます。 同時に、外部からの刺激によってお肌が傷つくリスクも高まります。紫外線や化学物質、ダニやカビなどの攻撃からお肌を守れなくなるため、肌荒れを引き起こしやすくなってしまいます。さらに最近では、アトピー性皮膚炎の発症にもセラミド不足が関係しているという報告がなされてます。 こうしたことから、美しく健康なお肌を保つためにはセラミドを外部から補給してやることが大切です。近年ではセラミド配合の化粧品やサプリメントなどが市販されています。